お知らせ
Home > あさひ柔整ニュース > 第26回柔道整復師国家試験の日程発表
 

第26回柔道整復師国家試験の日程発表

柔道整復師国家試験の日程が厚生労働省から発表されましたので、お知らせいたします。

 

1 試験期日

平成30年3月4日(日曜日)

 

2 試験地

北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県

 

3 試験科目及び試験方法

  1. (1)試験科目解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論及び関係法規
  2. (2)試験方法筆記試験により行う。ただし、重度視力障害者(両眼の矯正視力の和が0.04以下の者、両眼による視野が10度以内で、かつ、両眼による視野について視能率による損失率が95%以上の者その他点字、試験問題を録音したDAISY-CDを使用しなければ受験が困難と文部科学大臣の指定した学校の長又は都道府県知事の指定した養成施設の長が認めた者)に対しては、申請により点字、試験問題を録音したDAISY-CDの使用又はその併用による受験を認める。また、弱視者(良い方の矯正視力が0.15以下の者、両眼による視野について視能率による損失率が90%以上の者その他試験時間を延長しなければ受験が困難と文部科学大臣の指定した学校の長又は都道府県知事の指定した養成施設の長が認めた者)に対しては、弱視用試験による受験を認める。

 

4 受験資格

  1. (1)学校教育法(昭和22年法律第26号)第90条第1項の規定により大学に入学することのできる者(法第12条第1項の規定により文部科学大臣の指定した学校が大学である場合において、当該大学が学校教育法第90条第2項の規定により当該大学に入学させた者又は法附則第11項の規定により学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することのできる者とみなされる者を含む。)であって、3年以上、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校又は都道府県知事の指定した柔道整復師養成施設において柔道整復師となるのに必要な知識及び技能を修得したもの(平成30年3月16日(金曜日)までに修業し、又は卒業する見込みの者を含む。)
  2. (2)柔道整復師法の一部を改正する法律(昭和 63年法律第72号。以下「改正法」という。)の施行の際(平成2年4月1日)現に改正法による改正前の法第12条の規定により文部大臣の指定した学校又は厚生大臣の指定した柔道整復師養成施設において同条に規定する知識及び技能の修得を終えている者並びに改正法施行の際現に当該学校又は柔道整復師養成施設において当該知識及び技能を修得中の者であって改正法施行後にその修得を終えたもの

 

5 合格者の発表

試験の合格者は、平成30年3月28日(水曜日)午後2時に、厚生労働省にその受験地及び受験番号を掲示し、公益財団法人柔道整復研修試験財団のホームページにおいてもその受験地及び受験番号を掲示して発表する。

 

6 試験に関する照会先

公益財団法人柔道整復研修試験財団
東京都港区西新橋1丁目11番4号 日土地西新橋ビル6階
郵便番号 105-0003
電話番号 03(6205)4731
FAX番号 03(6205)4732

 

参照:厚生労働省HP

Copyright© 2013 – ‘2017’ あさひ接骨師会 All Rights Reserved.